Healmethy Press | ヘルメシプレスヘルメシプレス

豆乳に含まれるタンパク質や脂質を紹介!筋トレや糖質制限にも最適なドリンク!

豆乳に含まれるタンパク質や脂質を紹介!筋トレや糖質制限にも最適なドリンク!

牛から絞ったのが「牛乳」。豆から絞ったのが「豆乳」です。大豆から絞られた豆乳は、食物繊維が少なく、吸収率が高いといわれています。また、大豆には30%ものタンパク質が含まれていますが、水溶性タンパク質であるため、絞った豆乳にタンパク質が残りやすいのが特徴!吸収速度が遅いため満腹感が持続するというメリットもあります。

豆乳のカロリー・栄養素/無調整や牛乳と比較!

カロリータンパク質脂質炭水化物糖質
調整豆乳1167.07.74.84.4
おいしい無調整豆乳1138.37.33.73.3
低糖質 調製豆乳736.04.03.43.0
麦芽コーヒー554.13.03.42.8
牛乳(※一般的なもの)1346.67.69.69.6

※すべて200ml当たりの栄養素

出典元:キッコーマン

豆乳は糖質が少ないため、最下段の牛乳と比較するとカロリーが抑えられていることが分かります。タンパク質や脂質に大きな差はありません。糖質が少ないということは、糖質制限を行う際にはとても有効な飲料であり、かつ、筋トレ時にもきっちりタンパク質が補給できるのがメリットです。最初に書きましたが満腹感が持続するのもうれしいポイントです。

豆乳にはダイエット効果がある!

出典元: きなこもちさんによる写真ACからの写真

大豆はヘルシーというイメージが強いですよね。糖質が少ない上にタンパク質は豊富なのでダイエットや筋トレに効果的です。含まれている成分のイソフラボンに女性に嬉しい効果がたくさんあることで知られています。

豆乳ダイエット効果1:イソフラボンで痩せやすいカラダに

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用があります。エストロゲンは脂肪細胞を小さくし、脂肪燃焼効果があるとされているのですが、それと同じように働いてくれると期待されているのがイソフラボンなのです。豆乳を飲むことでイソフラボンを摂取することができ、痩せやすいカラダを作ることができるのです!うれしいですね♪

豆乳ダイエット効果2:大豆タンパク質が中性脂肪値を下げる

大豆にはさらにサポニンと呼ばれる成分も含まれています。体内で脂肪燃焼を促す成分であるアディポネクチンを分泌します。このアディポネクチンこそ、動脈硬化や脂肪燃焼を促してくれるのですが、減少すると脂質代謝が悪くなり、結果的に中性脂肪の数値や善玉と呼ばれるHDLコレステロールの数値が低くなってしまうのです。これを防ぐためにも豆乳は毎日の生活に欠かせないのです。

糖質制限中は無調整豆乳がおすすめ!

出典元: HiCさんによる写真ACからの写真

糖質が少ないことは、糖質制限に最適というお話はすでにしましたが、豆乳には独特のクセがあるので、調整豆乳を好む方も多いと思います。しかし、その調整の過程で加糖してある製品も実際にあります。そのため、せっかく「糖質が少ないから豆乳を選ぶ」と思っているのに、加糖され糖質が多くなってしまうと努力が水の泡。糖質制限中であれば成分無調整」を選ぶことをおすすめします♪

豆乳のカロリーのまとめ

出典元: acworksさんによる写真ACからの写真

豆乳は女性にとって有益なイソフラボンを多く含みます。イソフラボンは脂肪の代謝を促進してくれるので、太りにくく痩せやすいカラダ作りに最適です。女性だけでなく、筋トレに励む方や、ダイエットをしている方にとっても糖質が少なく、タンパク質が豊富でうってつけです。ボディメイクする中で戦わなければいけない空腹感にも対応してくれる魔法のようなドリンク、ぜひ、お試しあれ!

出典:文部科学省「エネルギーおよび成分含有量は文部科学省<日本食品標準成分表>2015年版(七訂)」

もっと外食の栄養価を調べるなら

なりたい自分から食事を探そう。カロリー,タンパク質,糖質など栄養素を一目で。 糖質制限,ダイエットなどのタグからも検索可能な総合グルメメディア。

食材情報カテゴリの最新記事