Healmethy Press | ヘルメシプレスヘルメシプレス

はちみつでカロリーオフ!甘みは上白糖の◯倍だった!?

はちみつでカロリーオフ!甘みは上白糖の◯倍だった!?

はちみつはパンに塗ったり、パンケーキにかけたりする用途で使われており、高カロリーなイメージがありますよね。しかし、はちみつは上白糖の代わりに甘味料として使うことで、上白糖よりもカロリーを抑えた料理を作れるのです!他にも、ダイエット中に嬉しい効果などもあるので、ご紹介していきたいと思います♪

はちみつのスプーン1杯のカロリーや糖質/メープルシロップや砂糖と比較

カロリータンパク質脂質炭水化物糖質
はちみつ/21g61.70.00.016.716.7
上白糖/9g34.60.00.08.98.9
黒蜜/21g41.80.20.010.610.6
メープルシロップ/21g54.00.00.013.913.9

※すべて大さじ1杯当たりの栄養素

はちみつと、普段よく使用する甘味料(上白糖や黒蜜など)を比較してみました。このように数値で比較すると、一見はちみつは高カロリー・高糖質のように感じますよね。しかし、はちみつには他の甘味料には入っていない栄養素があったり、上白糖よりも太りにくい理由がしっかりとあるのです!詳しくご説明します。

はちみつは砂糖より太らない?!

カロリーや糖質を数値で見てみると、はちみつのほうがカロリーが高く、太ってしまうように思います。しかし、はちみつには上白糖の約3倍の甘みがあるため、使用量が3分の1に抑えられるのです!上白糖で甘みをつけると34.6kcalになるところ、はちみつだと20.5kcalで済むことになります。甘味料を変えるだけでカロリーオフできるのは嬉しいですよね!

はちみつにはダイエット中に嬉しい効果がたくさん!

はちみつは上白糖などの精製物と違い「自然界」で採れたものなので、他の甘味料にはない栄養素が詰まっています!それらの嬉しい効果をご紹介します♪

はちみつ効能1:オリゴ糖が腸の調子を整える

はちみつには、オリゴ糖が含まれています。その量は、100gあたりに1.5gと少量ですが、オリゴ糖には腸内のビフィズス菌を活性化する働きがあるのです!ビフィズス菌が活性化することで腸内環境が整えられ、便秘改善などにつながります。腸内環境改善と言われると「乳酸菌」を思い浮かべる方は多いと思いますが、人間の腸内に棲んでいる細菌の99%はビフィズス菌なので、ビフィズス菌を活性化させることで一気に腸内環境が良くなるんです♪

はちみつ効能2:肌荒れを改善する

ダイエット中は、食事制限などによって栄養不足になってしまいがちです。栄養不足になるとニキビができたり、肌が乾燥したり、肌荒れを起こしやすくなります。そこを助けてくれるのが、はちみつです !はちみつにはビタミン、ミネラル、酵素などが豊富に含まれるため、カロリーを抑えながら栄養補給ができます♪

また、腸内環境が改善されると毒素を排出する悪玉菌も少なくなり、肌荒れの改善に繋がるのです!

はちみつのカロリーのまとめ

はちみつのカロリーに関して、ご紹介しました!

世の中には、はちみつや上白糖、三温糖、人工甘味料などの甘味料が多く存在し、現代では上白糖を使うのが当たり前になりました。しかし、上白糖は精製されているため吸収率が非常に良いです。それが体に毒であるとも言われているので、できればナチュラルなはちみつやきび砂糖などを使うと体も喜ぶと思いますよ♪

今回ご紹介したように、はちみつのほうが低カロリー・低糖質で済ませられるので、上白糖の代わりに使ってみてください!

出典:文部科学省「エネルギーおよび成分含有量は文部科学省<日本食品標準成分表>2015年版(七訂)」

もっと外食の栄養価を調べるなら

なりたい自分から食事を探そう。カロリー,タンパク質,糖質など栄養素を一目で。 糖質制限,ダイエットなどのタグからも検索可能な総合グルメメディア。

食材情報カテゴリの最新記事