Healmethy Press | ヘルメシプレス ヘルメシプレス

ミニトマトのカロリー・糖質を徹底解説!甘みが強くトマトよりも高カロリー

ミニトマトのカロリー・糖質を徹底解説!甘みが強くトマトよりも高カロリー

夏野菜の代表ともいえる真っ赤なトマトを小さくしたミニトマト。とてもかわいくて、その見た目に惹かれて購入する方もいるかもしれません。プチトマトやチェリートマトという呼び方もありますね♪トマトとは大きさの違いだけでなく、実は栄養価にも違いがあるんです。さて、甘みが強く栄養素も豊富なミニトマトには食べるとどんな効果があるのでしょうか?

ミニトマトは糖質が高めでトマトよりも甘みが強い!

出典元: CO27さんによる写真ACからの写真

果物の甘さを測る単位に「糖度」というものがあります。ミニトマトはトマトよりもこの糖度が高いので甘みが強いことが多いです。甘みが強いということはその分糖質を含む量が多いということにつながります。実際、トマトよりもミニトマトの方が糖質量が多くカロリーも高くなっています。手軽に食べることができるサイズなので食べ過ぎないように注意したいところですね!

ミニトマト1個当たりのカロリーや糖質/トマトとの比較

出典元: m*****************mさんによる写真ACからの写真

食品名カロリータンパク質脂質炭水化物糖質
ミニトマト/1個(10g)30.10.00.70.6
ミニトマト/100g291.10.17.25.8
トマト/1個(165g)311.20.27.86.1
トマト/100g190.70.14.73.7

※自社のデータを使用

ミニトマト1個は10gくらいです。トマトのM玉が1個165gくらいなのでミニトマト16個分くらいです。同じ100gで比較してみると、タンパク質・炭水化物共に多くなっています。糖質だけで見れば2g以上の差が生まれます。確かに大きなトマトの方が酸味を感じやすく、ミニトマトの方がフルーツのような甘みを感じやすいです。これが糖質の多さに関係しています。表にはありませんが食物繊維の量もミニトマトの方が少し多くなっています。

ミニトマトの人気は食べやすいサイズだけじゃなくて、栄養価も高い!

出典元: acworksさんによる写真ACからの写真

たとえば大きなトマトを間食にしようとしても、切り分けたトマトを容器に入れて持ち運ぶと液漏れなどが気になります。一度包丁を入れた食べ物を保存しておく環境がなければ不安です。その点、ヘタを取るだけで食べられるミニトマトは便利です。実際、トマトよりもミニトマトの方が中のゼリー状の部分が少ないので液漏れしにくいです。しかしサイズだけでなくミニトマトの方が栄養価も高いことはもっと重要視していいことかもしれません。

トマトより多い栄養素①:美容効果の高いβカロテン

・トマト……540㎍

・ミニトマト……960㎍  ※100g当たり

ミニトマトのβカロテンの含有量はトマトの倍近くにもなります。βカロテンはビタミンAに変換される栄養素で、とくに視力や暗い時間の目の見えなさなどの改善に役立ちます。さらに、皮膚表面に見えるシミの手前でシミの素となるシミ予備軍を予防する働きを持っています。将来、年齢を重ねた時に悩む前に今の生活にβカロテンを取り込んで未来の悩みを減らしましょう♪

トマトより多い栄養素②:エネルギー代謝を促進するビタミンB2

・トマト……0.02mg

・ミニトマト……0.05mg  ※100g当たり

1食当たり0.36mgが推奨摂取量であるビタミンB2をミニトマトですべて摂取しようとするのは無理があります。しかし、トマトの倍以上の量が入っているということはやはり見逃せないポイントです。3大栄養素といわれる脂質・タンパク質・炭水化物を体内でエネルギーに変える役割を果たしています。運動などでエネルギー消費をする人は多めに摂取することでエネルギーが枯れてしまうことを防ぎやすくなりますね!

トマトより多い栄養素③:抗酸化作用をもつビタミンC

・トマト……15mg

・ミニトマト……32mg  ※100g当たり

肌の老化現象にはカラダの細胞の酸化といわれています。呼吸しなければ苦しさを感じるように、細胞にも酸素が供給されなければ死滅してしまいます。命を維持するために酸素は必要不可欠ですね。しかし、酸素と触れ合うことは少なからず酸化してしまいます。この酸化を防いでくれるのが抗酸化作用です。通常の酸素よりも酸化力の強い活性酸素を除去したりするのに貢献するので、細胞の酸化を防ぎ、老化を防ぐことにつながりますよ♪

トマトより多い栄養素④:むくみを軽減するカリウム

・トマト……210mg

・ミニトマト……290mg  ※100g当たり

ミニトマトを100g摂取することで1食当たりの摂取目安量の1/3ほどを摂取できます。最近の食事は、塩分は摂取過多、対して鉄分とカリウムは摂取不足といわれています。塩分(ナトリウム)を摂りすぎると血圧が上がったり、むくみを起こしやすくなるのですが、この塩分の排出を助けてくれるのがカリウムです。実際に高血圧の患者さんには高カリウム食がすすめらます。病的な症状はなくても見た目のスッキリ感は生まれるかもしれないですね♪

トマトより多い栄養素⑤:血糖値上昇を抑えてくれる食物繊維

・トマト……1.0g

・ミニトマト……1.4g  ※100g当たり

食物繊維も若干ですがミニトマトの方が多く含まれています。食物繊維というと便通改善効果が非常に有名であり、真っ先にイメージされると思いますが、それ以外にもがんの予防効果や、血糖値の上昇を防いでくれます。急激な血糖値の上昇は急激な低血糖を招き、空腹感を覚えます。必要以上の食べ物を摂取してしまう可能性を減らせるということは大きなメリットです。もちろん、便通改善にも効果はありますので安心してくださいね。

ミニトマトが含むリコピンもトマトより多い!

出典元: medetaiさんによる写真ACからの写真

一世を風靡したリコピンダイエットが記憶にある方もいると思います。研究の結果、現在ではリコピンに最も期待できる効果は抗酸化作用といわれています。抗酸化作用の働きはコレステロールが生まれてしまう過程にも影響します。コレステロールの産生が抑えられると血栓が合成されることを抑えます。血流を滞らせることがありません。血液の流れがよければ代謝が促進されるので間接的に消費エネルギーを増やしてくれる働きに期待できます。

特別栽培・ミニトマトセット(トマトベリー&小鈴)お試しセット

ちょっとだけ欲しい方や初めての方に!
完熟ミニトマト2種類(トマトベリー&小鈴)のセットです。

ミニトマトを使ったダイエットメニュー

それではミニトマトを使ったダイエットメニューを紹介していきましょう。トマトに比べればカロリーが高いものの、野菜全般で見ればカロリーが高い食品ではないので安心して使用できますよ。糖質制限も問題ありません。

ミニトマトでカロリーオフレシピ:ミニトマトの卵炒め

出典元:レタスクラブ

・1人前 158kcal

通常のトマトよりもゼリー部が少ないミニトマトだからこそ卵がべちゃっとせず、フワッと仕上がりやすくなります。1人前のカロリーもとても抑えられているのでおかずをしっかり食べたい人にも最適な1品です。カロリーを制限したいために「だけダイエット」などをしてしまうとストレスもたまり、暴飲暴食のきっかけになってしまいます。それならいっそ低カロリーなおかずでご飯を食べることをおすすめしたいですね♪

ミニトマトで糖質オフレシピ:アボカドとモッツアレラチーズのカクテルサラダ

出典元:Kurashiru

・1人前 糖質3.9g/333kcal

ミニトマトがメインの食材ではありませんが、加熱しないので熱で壊れやすいビタミンを摂取するのには最適です。チーズもアボカドも脂質が多く消化に時間がかかるので胃の滞留時間が長く腹持ちの良い食材です。レシピよりもミニトマトを増やすなどしてミニトマトの効果を楽しむのもいいですね。糖質制限では必然的に脂質やタンパク質の摂取量が多くなります。脂質の質に着目してもアボカドの不飽和脂肪酸などは安心して食べられますよ。

ミニトマトは1日でどれくらい食べる?

おおよそ1個が10g程度のミニトマトは10個食べて100g。おおよその量でいえば12~15個くらいがいいでしょう。1食当たりで考えれば3~4個。無理ないどころかこれだけ効果があるとわかってしまったら足らなく感じてしまうほどの量ですよね。しかし、なにごとも過ぎたるは及ばざるがごとし。食べ過ぎるとお腹が冷えてお腹を壊したりすることを考えれば足らないかな?と思うくらいの量で抑えておいた方がいいですよ。

ミニトマトは加熱して食べると吸収率UP

出典元: ガイムさんによる写真ACからの写真

創業者が育て始めたトマトの栽培から、トマトの保存方法を研究するうちにトマトソースを開発し、現在ではケチャップやトマトジュースの販売では最大手のカゴメの研究所によればトマトやミニトマトは加熱することでリコピンの吸収率が増加するそうです!トマトのことならカゴメ!とイメージされるほどの会社のお墨付き。ぜひ、ミニトマトは加熱してから食べるようにしてリコピンの吸収率を上げちゃいましょう!

特別栽培・ミニトマトセット(トマトベリー&小鈴)お試しセット

ちょっとだけ欲しい方や初めての方に!
完熟ミニトマト2種類(トマトベリー&小鈴)のセットです。

ミニトマトのカロリーや糖質のまとめ

出典元: gamider5さんによる写真ACからの写真

トマトよりも栄養価が高くつまみやすい形状であることがよりミニトマトを身近なものにしてくれていますよね。カロリーはトマトより高いとはいえ、野菜全体で見れば決して高カロリーなわけではありません。甘みが強いので糖質も少し多めに含まれますが、糖質制限も気にせず使用することができます。加熱することで強い抗酸化作用をもつリコピンの吸収率も上げられるので、焼きトマトなんかもいいですね♪

食材情報カテゴリの最新記事