Healmethy Press | ヘルメシプレスヘルメシプレス

マヨネーズのカロリーと糖質、タンパク質は?ダイエット中も食べてOK!

マヨネーズのカロリーと糖質、タンパク質は?ダイエット中も食べてOK!

お好み焼きにエビフライ、唐揚げなどなににかけても美味しいマヨネーズ。カロリーも高いしダイエット中はマヨネーズは控えないといけないと思っている方はにぜひ読んでいただきたい!実は糖質制限中にOKな食材なんです!その理由と取り入れる際の注意点をお伝えします。

マヨネーズのカロリー・栄養素/カロリーカットタイプと比較!

カロリータンパク質脂質炭水化物糖質
マヨネーズ1000.411.20.10.1
ハーフ490.45.10.10.1
ライト(80%カロリーカット)200.41.50.90.9
ゼロ ノンコレステロール500.35.20.40.4

※すべて大さじ1杯(15g)当たりの栄養素

出典:キューピー公式HP

油脂と卵と酢が主成分のマヨネーズは、大さじ一杯(15g)で100Kcalです!かなりの高カロリーですね。脂質も高く11.2gも含まれています。厚生労働省では摂取エネルギーの20~30%が脂質の目標量に定めているため、成人の女性の一日の脂質目標量の1/4程の脂質をスプーン一杯で摂取してしまうことになります。ハーフやライトは油脂を減らすことでカロリー、脂質を減らしているようですね!

カロリーオフは実はマヨネーズではない?!

マヨネーズは半固体状ドレッシングのうち、卵や食塩、砂糖などに加え香辛料抽出物以外の原材料を使用していないものであつて、原材料のうち食用植物油脂の割合が65%以上のものをさし、「マヨネーズ」に分類されます。一方でカロリーオフのマヨネーズ は、原材料のうち食用植物油脂の割合が10%以上50%未満のものに該当し「サラダクリーミードレッシング」に分類されます。カロリーオフはマヨネーズではなくドレッシングの一種ということになります。

ダイエット中はマヨネーズの量に要注意!

マヨネーズには大さじ一杯(15g)当たりに約20㎎のコレステロールが含まれています。この程度の適量であれば問題はありませんが、必要以上に食べることで血中コレステロールが上昇し、中性脂肪として体内に貯蔵していきます。その結果、血管の壁にコレステロールや中性脂肪が蓄積して硬くなる動脈硬化をはじめ、脂質異常症や心疾患など生活習慣病を引き起こしやすくなります。

実は糖質制限中のマヨネーズはOK!

食べ物を食べると血糖値が上がるため、調整するためにインスリンと呼ばれるホルモンがでてきます。血糖が必要以上にあるとインスリンが糖を脂肪に変換して身体に蓄えましょうと信号を出し、肥満へとつながります。そこで設けられたのが「GI値」であり、対象の食品を摂取したときの血糖値の上昇具合が数値化されています。マヨネーズの値は15であり、かなり低いです。カロリーは高いですが、糖質制限中の食事に取り入れるのはOKです!

マヨネーズのカロリーのまとめ

 

いかがでしたか?ダイエット中にマヨネーズを控えるのは当たり前だった方もいらっしゃるのではないでしょうか。マヨネーズは低GI食品なので糖質制限中の方でも食べていただけます!ただし、食べすぎは禁物。カロリーが高いので必要以上に食べれば確実に太ります。一日大さじ一杯程度であれば問題ありませんので、うまく取り入れてマンネリしがちな糖質オフレシピに活用してくださいね!

出典:文部科学省「エネルギーおよび成分含有量は文部科学省<日本食品標準成分表>2015年版(七訂)」

もっと外食の栄養価を調べるなら

なりたい自分から食事を探そう。カロリー,タンパク質,糖質など栄養素を一目で。 糖質制限,ダイエットなどのタグからも検索可能な総合グルメメディア。

食材情報カテゴリの最新記事