Healmethy Press | ヘルメシプレス ヘルメシプレス

ハンバーガーのカロリー・糖質を徹底調査!マックやモス、クアアイナのメニューも

ハンバーガーのカロリー・糖質を徹底調査!マックやモス、クアアイナのメニューも

高カロリーなイメージがあるハンバーガー。たまに無性に食べたくなる時ってありますよね。身体の健康やダイエットのためにハンバーガーを食べることを我慢している方もいるのではないでしょうか。そこで本記事では、ハンバーガーのカロリーや栄養素について解説します。マックやモス、クアアイナなどのハンバーガー専門店のカロリーについても紹介しているので、参考にしてください。

ハンバーガーのカロリーや糖質など栄養成分

カロリー (kcal)タンパク質(g)脂質(g)炭水化物(g)糖質(g)
ハンバーガー/一人前37214.519.831.930.3
チーズハンバーガー/一人前43518.424.932.130.5
バンズ※/一人前1373.82.325.324.4
パティ(ハンバーグ)70g/一人前21610.517.52.11.8
ピクルス 10g70.00.01.81.6
チーズ 15g633.95.10.20.2
ケチャップ 10g120.20.02.72.5
成人男性摂取基準/日26506073.6364344
成人女性摂取基準/日20005054.8271253

※フジパンのバンズ参照

市販のハンバーガー専用パンであるバンズを使用した際の手作りハンバーガー・チーズハンバーガーのカロリーなどを一覧にしています。ハンバーガー383Kcalチーズハンバーガー435Kcalと一食分として考えると妥当なカロリーです。ただし、脂質が両方とも高くチーズハンバーガーにいたっては約25gです。ハンバーガーの具材のカロリーなども記載しているので、気になる栄養成分が何に起因しているか確認してみましょう。パティがボリュームがあるので、マックのハンバーガーとはカロリーなど成分値が異なります。

マックのハンバーガーのカロリーについて

ハンバーガーといえばマックことマクドナルドですよね。手頃な価格で食べやすいので行く機会も多く、マックのハンバーガーのカロリーが気になっている方も多いでしょう。人気メニューであるチーズバーガーや照り焼きハンバーガーのほか、もっともカロリーが高い・低いメニューについても紹介していきます!

マック人気メニュー:ダブルチーズバーガー/チーズバーガーのカロリー

出典:Mcdonald

  • チーズバーガー:307Kcal、糖質29.3g
  • ダブルチーズバーガー:457Kcal、糖質29.7g

シンプルな具材なので素材の旨味が引き立つチーズハンバーガーは307Kcalマックのパティは牛肉100%なので、良質なタンパク質が摂取できます。チーズはバンズからはみ出すほど大きく、チーズ好きにもたまらないメニュー。チーズハンバーガーで十分ボリュームがありますが、良く食べる男性で物足りないときはダブルチーズバーガーがおすすめ。パティとチーズが倍量になっているので、食べ応え抜群!その分カロリーも跳ね上がりますが、一食分457Kcalは適量です。

マック人気メニュー:てりやきハンバーガーのカロリー

出典:Mcdonald

478Kcal、糖質34.7g

甘辛い和風タレとシャキシャキレタスにマヨネーズがマッチしたてりやきマックハンバーガー。子どもから年配の方まで人気のメニューになります。ヘルシーなイメージがあるようですが、マヨネーズやタレの脂質や糖質でカロリーや糖質が高いです。レタスの量もしっかり入っていて、食物繊維は1.7g摂ることができます。

マック高カロリーメニュー:倍てりやきチキンフィレオ

出典:Mcdonald

768Kcal、糖質72.0g

厚みのあるチキンをフライにしたチキンフィレオをてりやきソースとドッキング。マヨネーズとの相性も良く、一度食べると癖になるてりやきチキンフィレオのパティが倍量になったハンバーガーです。一個で768Kcalもあり、コーラやポテトとセットで注文すれば1318Kcalと一食分にすると超ハイカロリーになります。ダイエット中は避けるべきメニューのひとつです。

マック低カロリーメニュー:ハンバーガー

出典:Mcdonald

256Kcal、糖質28.8g

パティとピクルスなど野菜とケチャップのみのシンプルなハンバーガー。一個256Kcalとダイエット中も食べやすいカロリーです。糖質も28.8gなので糖質制限中の方も調整しやすくなっています。それでも糖質が気になるという方は、バンズを一枚だけ残せば糖質20.0g以下まで減らすことができますよ♪

クアアイナで人気のハンバーガーのカロリーについて

クアアイナはハワイ発のハンバーガー専門店で、日本では30店舗ほど展開しています。本格的なハンバーガーはボリューム満点で、マックに比べるとお値段も高いです。肉肉しいパティ・フレッシュな野菜・ふわふわのバンズが特徴のクアアイナのカロリーはどのようになっているのか、詳しく見ていきましょう!

※クアアイナではカロリーの公表をしていないため、写真から判断して栄養価計算しています。

クアアイナ人気メニュー:厚切りチェダーアボカドバーガー

出典:クアアイナ

663Kcal、糖質43.0g

トマト・オニオン・アボカド・レタス・チェダーチーズ・パティはどれもこれも厚みがあって迫力満点なクアアイナのハンバーガー。人気の厚切りチェダーアボカドバーガーももの凄いボリュームです。マックとは異なりバンズも厚みがあるため糖質量も多くアボカドの脂質も相まってカロリーは高いです。

クアアイナ高カロリーメニュー:厚切りチェダーベーコンバーガー

出典:クアアイナ

750Kcal、糖質43.1g

大判のベーコンがたっぷちと入った厚切りチェダーベーコンバーガーが一番カロリーが高いと思われます。トッピング次第ではほかのハンバーガーのほうが高カロリーになるかもしれませんが、メニュー上では第一位でしょう。ベーコンはカロリーが高いのでダイエット中は避けたい食材のひとつです。

クアアイナ低カロリーメニュー:マヒマヒサンドウィッチ

出典:クアアイナ

・370Kcal、糖質50.8g

白身魚のマヒマヒと野菜で作られたサンドイッチ。上記2つのクアアイナハンバーガーよりも大きく脂質量が下がるため低カロリーになります。ただし食パン2枚を使用しているため糖質は高めです。全粒粉のパンは食物繊維が多いので血糖値があがりにくくダイエット中も安心であるとされていますが、カロリー・糖質ともにしっかりありますので食べ過ぎには注意しましょう。

ハンバーガーが高カロリーな理由と対策

手作り・マック・クアアイナのハンバーガーのカロリーや糖質をみてきました。ハンバーガーのカロリー・糖質は高いようですが、その理由は一体どこにあるのでしょうか。高カロリー・高糖質の理由を理解してダイエットに活かしていきましょう

1.ハンバーガーに使用するパティの牛ミンチは脂質が高い

ハンバーガーのパティに使用するお肉は主に牛ミンチ肉です。牛ミンチ肉は100gあたりで272Kcal・脂質21.1gあり高脂質でカロリーも高くなります。ハンバーグを作るときと同じようにパン粉をつなぎに使用していれば糖質もあがりますが、ハンバーガーに使用するパティの多くは肉のみをしっかり練って形成していると推測されます。パティのカロリーダウンを図るときは、牛ミンチを鶏ミンチに置き換えると100gあたり90Kcalを減らすことができます。

2.ハンバーガーのバンズは糖質が高いのでカロリーも上昇

ハンバーガーに欠かせないバンズも高カロリーの原因になっています。頭のほうで紹介しましたが、第一パンが販売している小ぶりのバンズ1個で148Kcal、糖質29.8gなので大き目のサイズなら200~250Kcal、糖質35.0gほどになると推測されます。糖質が気になる方でハンバーガーを手作りされる際は、バンズを低糖質なものに変更するといいですね。

3.ハンバーガーはパティ以外の具材も高カロリーなものが多い

ハンバーガーのトッピングも高カロリーな食材が多いです。チーズ・アボカド・ベーコン・マヨネーズなど、どれもこれも脂質が多くてカロリーが高いものばかり。少しでもカロリーを抑えたい方は脂質の多い食材に気をつけましょう。ベーコンはハムに置き換えることで大幅にカロリーダウンできますので、ぜひ活用してくださいね。

モスの低カロリー・低糖質のハンバーガーが熱い

出典:モスバーガー

モスではバンズをレタスに置き換えたヘルシーハンバーガー菜摘シリーズを販売しています。菜摘シリーズのハンバーガーはどれも150~300Kcalと低カロリーで、糖質も約10~20g程度で約半分程度に抑えられます。とくにテリヤキチキン186Kcal、豆腐ハンバーグがパティになったソイモス野菜155Kcalはダイエット中の強い味方です!野菜不足の方もおすすめですし、ボリュームがあるため糖質がなくても満足感を得られやすいです。

 

 

ダイエット中にハンバーガーのセット注文は高カロリーなので要注意!

出典:Mcdonald

マックでセット注文する方は少ないです。ですが、フライドポテトMサイズで410Kcal・糖質46.2g、カフェラテMサイズ103Kcal・糖質7.6g、コカ・コーラMサイズで140Kcal・糖質35.1gあります。セット注文すればサイドメニューの分が上乗せされ、ハンバーガーによっては一日摂取量のエネルギー半分以上を摂取することになるので注意しましょう。

ハンバーガーのカロリーや糖質についてのまとめ

ハンバーガーのカロリーや糖質などについて解説してきました。バンズやパティの糖質・脂質によってカロリーが上がりやすいハンバーガーはダイエット中はなるべく食べない方がいいでしょう。食べる際はカロリーや糖質のほか脂質のことも考えながら、食事の量をコントロールできるのがベストです。

もっと外食の栄養価を調べるなら

なりたい自分から食事を探そう。カロリー,タンパク質,糖質など栄養素を一目で。 糖質制限,ダイエットなどのタグからも検索可能な総合グルメメディア。

一般惣菜情報カテゴリの最新記事